敏感肌、とりわけ赤ら顔になってしまうと
常に顔の赤みに悩まされ続けてしまいます。

1日も早くお肌を健康な状態に戻してあげることが大切。
放置しておいても自然と良くなることはありません。

あまりに症状がひどいときは皮膚科医に相談して


「敏感肌ということでいつも肌トラブルに見舞われてしまう」
と感じている方は、生活習慣の見直しはもちろん、
専門の病院に行って診察を受けた方が良いでしょう。

肌荒れは、専門医で改善することができるのです。

単に敏感肌という言い方でくくってしまうことが多いのですが、
肌が敏感になっている、炎症を起こしやすくなっている状態は
何かの刺激に対してアレルギー反応を起こしてしまっている結果としてあらわれることが多いのです。

アトピーに関してもそうです。

ステロイドは良くないなどと、最上段に構える方も多いですが、
良くない状態に長く放置すること
痒みを我慢していつまでも辛い時期を過ごすこと
結局掻いてしまって、余計に症状を悪化させてしまう人が少なくありません。

皮膚科医で正しい診断と治療を受け
一時ステロイド剤を使っても、1~2か月で劇的に肌の状態が回復すれば
一気に健康な状態に戻れますから。

何を試しても変わらない。
辛い・・

と言う方は、一度皮膚科医でしっかり見てもらう事
自分の症状と真正面から向き合うことも大切だと思います。

毎日のケアに赤ら顔、敏感肌専用の化粧水を

化粧水はどれも同じではありません。
また、低刺激と書いてあるから本当に低刺激とは限りません。

一般の化粧水には多くの添加物が含まれています。
界面活性剤
防腐剤
定着材
触感改良剤
香料
などなど・・

口から入れたものは、あっという間に排泄されますが
お肌から入り込んだ成分は、なかなか排泄されずに肌の中にとどまります。

敏感肌、赤ら顔、酒さ、アトピーなどでお悩みの方は
毎日使う化粧水やクリームはしっかり成分を確認する必要があります。

良さそうだ・・と思って使用しているものが、
実は毎日ダメージを蓄積している、なんてこともしばしば起こり得るからです。

赤ら顔、敏感肌の為に作られた化粧水「しろ彩」「uluウルウ」

しろ彩とウルウ
この2つの化粧水はもともと肌質改善のために作られた化粧水です。

しろ彩はお肌に刺激になる成分は一切使っていませんし、
界面活性剤の最小限に抑えられています。
ベースとなる海洋性エキスは毛細血管の炎症を抑え、赤みを軽減する作用があります。

ウルウの至っては、添加物を一切使わない「完全無添加」の化粧水
防腐剤すら使っていませんので、本当にお肌に優しいです。

浸透を助ける「界面活性剤」の代わりに医療用の特殊浸透水をベースに
肌バリア機能を回復させるヒト型セラミドをたっぷり配合しています。

医師の診断を受けるのはどうも。。。という方は
まず化粧水を変えてみる所から始めてみてはいかがでしょうか。

毎日使い続けることで辛かった赤ら顔が劇的に改善できる
化粧水です。




【あなたへのおすすめ記事】
赤ら顔に効く化粧水と言えば
白漢しろ彩とULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

どっちを選べばいい?
こちらの記事で詳しく↓↓↓
【徹底比較】しろ彩とULU~赤ら顔化専用粧水の効果と選び方