「スキンケアに取り組んでいるのに赤ら顔が治らない」という方は、
毎日の食事を見直してみることをおすすめします。

高脂質の食事やレトルト食品・炭水化物ばかりに頼った生活では
美肌になることは難しいと言えます。

便秘になると肌荒れが酷くなる

便秘になったり、胃腸の調子が崩れると肌荒れが酷くなる経験はありませんか?
腸内環境(腸内フローラ)とお肌は密接な関係があるのです。

敏感肌が影響して肌荒れが起きていると思っている人がほとんどですが、
本当のところは腸内環境が乱れていることが要因の可能性が非常に多いです。
食生活や生活環境を改善し、腸内フローラの状態を良くすることが、
肌荒れを改善する近道なのです。

基本的に肌というのは角質層の表面の部分を指します。
だけども体の内部から、腸内環境から地道に修復していくことが、
手間がかかるように思えても最も確実に美肌をゲットできる方法だと言われています。

食生活の改善

基本的にお肌に良いとされているのは
緑黄色野菜
大豆・豆類・豆腐・納豆などの良質な植物性タンパク質
レモン・キウイなどのビタミンC
と言った野菜、果物が腸内環境を整えます。

そして、
いわし・鯖・秋刀魚などの青背の魚
肉類の中でも、鶏肉、豚肉は胃腸に負担をかけずに
良質のたんぱく質を摂取することができます。

調理方法は油で揚げるような調理は避け、
少量の油で焼いたものや、蒸す・煮込むなどの調理法が適しています。

腸内環境の改善に欠かせない乳酸菌

乳酸菌というと誰もが思い浮かべるのがヨーグルトではないでしょうか?
発酵食品なので、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロ・・という方でも安心して召し上がれます。

特に、寝ている間も活躍し続ける腸の働きを助け、腸の環境を整えるためには
ヨーグルトは実は朝では無く、夜に食べる方がおススメです。

乳酸菌は熱に弱いので調理に使うときはできるだけ過熱しない調理法が良いです。
例えば、夕食のサラダにかけるドレッシングに
ヨーグルトを使ったヨーグルトドレッシングにするのもおススメ。

また夕食後のデザートにヨーグルトは、寝ている間の腸の働きを助けるので
非常に理にかなっています。

無糖のヨーグルトが望ましいですが、デザートだとやはりちょっと甘みが欲しくなるところ。
そんな時は、少量のハチミツで甘みを補ってあげると良いです。

また、アイスクリームのように食べられて、
低カロリー&乳酸菌も摂れるのでフローズンヨーグルトもおススメ。
バナナなどお好みの果物をスプーンで潰してヨーグルトと少量のハチミツを混ぜたものを
冷凍庫で凍らせて、アイスクリームのようにして食後のデザートに。

満足度も高く、腸内環境を整えるにはとても効果のある食べ方です。

でも、
毎日の食事となると、やっぱり大変・・というのが本音ですよね。笑
そこでおススメなのは赤ら顔、敏感肌に劇的に効果のある乳酸菌サプリの「カルグルト」です。

カルグルトは酒さ治療剤として特許を取得した良質のLFK(FK-23菌抽出物)を含む
5種の乳酸菌をたっぷり配合して作られたサプリメント。
乳酸菌なので、誰が飲んでも副作用の心配もありません。

お水に溶くだけで簡単に作れて手軽に乳酸菌を接収することが可能です。
手がかけられるときはしっかり調理して腸内環境をケア。
時間の無いとき、忙しい時でも「お休み」にしてしまわずに
カルグルトなら手軽に良質の乳酸菌を摂ることができますよ。

カルグルトの詳細はこちらの公式サイトでご確認ください。
↓↓↓
カルグルトで腸内環境を整えて赤ら顔対策~公式サイトはこちら>>
カルグルト



【あなたへのおすすめ記事】
赤ら顔に効く化粧水と言えば
白漢しろ彩とULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

どっちを選べばいい?
こちらの記事で詳しく↓↓↓
【徹底比較】しろ彩とULU~赤ら顔化専用粧水の効果と選び方